ぼんさんのひとりごと

第127話 お盆棚経の応対

今年のお盆は殊に暑さが身に堪えました。

檀家各家にお盆の棚経にまわりました。

約束の時間に少し遅れても辛抱強く待っていてくれます。

ご先祖をお迎えするがごとくに、丁重におもてなししてくれます。

初めての檀家のお家にお伺いしました時の事です。、ご両親が急用で外出しており、

20歳くらいの息子さんが留守番をしておりました、仏壇の前でお経を挙げ

お布施を頂戴しようとしましたら、「何ぼぜ」「1000円ほどいただければ

ありがたいのですが」「ほうけ、これ持って帰れや」と言って、ズボンの

ポケットより、くしゃくしゃの1000円札を取り出して床に放り投げました。

拾い上げて、しわを伸ばして、頂戴しました。 続きを読む »

1 / 11