ぼんさんのひとりごと

bonsan no hitorigoto

ぼんさんのひとりごと

第165話 お彼岸について

大間サロン でお話しした原稿です

お 彼 岸

令和2年9月23日

お彼岸って何ですか?

お彼岸は春と秋との2回あり、春分・秋分の日を(中日)とし、前後3日を合わせた

7日間をいいます。

ご先祖さまや自然に感謝をささげる仏道精進の期間で日本独自の仏教行事です。 お彼岸にはお寺の法要やお墓詣りに行き、亡き人へ思いをはせ、感謝の

まことをささげます。

古くは聖徳太子の頃から始まったともいわれ、古い記録では「日本後記」に「延暦25年3月辛巳の条」に「奉為崇道天皇、令諸国国分寺僧春秋二仲月別七日。讃金剛般若経」とあり、崇道天皇(早良親王)の供養の為に諸国の国分寺の僧を集め、法要をしたことが記され、彼岸の始まりとする説もあります。

農耕文化の日本では古来より、昼夜の時間が同じで、真東から太陽がのぼるこの時節に自然の恵みに対する感謝をささげる風習があり、これらと仏教の教えが

結びついたと考えられています。

「彼岸」言葉の意味

彼岸とは、「彼の岸」すなわち「悟り、涅槃の境地」を意味し、その語源は、サンス

クリット語「パーラミター」(波羅蜜多)の漢訳語「到彼岸」からきています。

煩悩と迷いの世界である「此岸」から悟りの世界「彼岸」へ到達するために、「六波羅蜜」の修行を行います。彼岸はその修行をするための期間でもあります。

「六波羅蜜」とは

布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧という六つの実践徳目。

お彼岸には、お墓参りをし、お花や線香を供え、真心の合掌を捧げる修行が大切ですが、お参りは一度行ったら、後はほったらかしにするのではなく、彼岸詣りに限らず何度でも繰り返し行うことが肝心なのです。

また菩提寺は、故人の追善供養を行う役割も重要ですが、檀家さんの相談事も聞いてくれますので、お彼岸詣りは、ご住職に一言ご挨拶されるのも良いことだと思います。

また、お仏壇の掃除はもちろん、仏具などもきれいにして、お花もかえます。花は樒、おはぎ(ぼたもち)をそなえ、団子やお霊供膳、珍しいお菓子、果物をお供えするのも良いことです。

「お彼岸よもやま話~その1」

春彼岸にお供えするのは「ぼた餅」。秋は「おはぎ」。どちらも同じものですが、それぞれ季節の花「牡丹」と「萩」にちなむものです。時節によってその呼び方がかわるのは、四季のうつりかわりに敏感な日本人の豊かな心の表れといえましょう。

ぼた餅、おはぎって?

ぼた餅(牡丹餅)とは、うるち米ともち米を混ぜて炊き、米粒が残る程度について俵状にまるめ、あんをまぶしたもの。

甘味を口にする機会の少ない時代にはご馳走であり、来客のもてなしや田植えの後の寄り合い、子供のおやつ、また法要の際などに供されました。

同じ食べ物を、材料の調理の仕方で呼び名が、ぼた餅(牡丹餅)、はぎのもち(萩餅)とも呼び、ぼた餅とおはぎとの区別はしだいに薄れてきています。

*春―牡丹餅(つぶあん) 夜船(よふね)何時つ搗(着く)いたかわからない。

春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆あんの様子を、牡丹の花に見立てたことからの呼び名。

*秋―おはぎ(こしあん)北窓(きたまど)月を見ない・・搗くをみない

牡丹と同じく、あずきあんの様子を秋の彼岸の時期に咲く萩の花に見立てたことからの呼び名。

「お彼岸よもやま話~その2」

秋の彼岸になると、田んぼや畑に咲き乱れる彼岸花(ひがんばな)。別名、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)ともいわれ、燃えるような真紅の花は目をみはるものがあります。子供の頃、彼岸花を「さわってはいけない」とか「持って帰ると火事になる」

などと言われものです。これは球根に毒性があるということと関係があるようです。毒はあるものの、非常時には薬になったり、救荒作物としての役割を果したそうです。農民が悪代官にお米の年貢をとりたてられて苦しんでいた時にこの彼岸花の球根を食べて飢えを凌いだそうです。

また、畦道に植えると毒によりミミズが生息せず、ミミズを餌にするモグラも近寄らないとか。稲作の伝来とともに日本の各地に広がりました。

 

第164話(ご先祖を粗末にした酬い)

最近の若い人は、先祖との付き合い方が解らないと言うか

ご先祖の恩に酬いるということが解らないのか死んだ人には

何の係わりもなかったとして、財産は権利として全部貰い、

供養はお寺に永代供養として預けこれでお終い。

ご先祖が苦労して築き上げた財産を自分だけの享楽に使い。

さて、早速に現れました、訳の分からない病気になりました。

どこの医者に診てまらっても原因が分かりません。

美しいご婦人だった奥さんが、獣のような眼をして座っている姿は

見るに忍びない光景でした。

私はキツネが憑いた犬神が憑いたと云うようなことは迷信だと思っていました。

 

第163話(我が子を置き去り、8日間も男の所へ)

こんなに悲しいことはありません。次のような記事が新聞に載っていました。コロナも怖い、洪水も怖い、が一番愛する母に見放された子供の心中や如何に?

「東京・大田区で3歳の長女を自宅に放置して死亡させたとして母親が逮捕された事件で、母親が「居間のドアをソファでふさぎ、外出した」と供述していることが分かりました。 梯沙希容疑者(24)は先月、大田区の自宅で長女の稀華ちゃんを放置して死亡させた疑いが持たれています。梯容疑者は稀華ちゃんを自宅に置いたまま8日間にわたって知人男性に会うため鹿児島県に行っていました。その後の捜査関係者への取材で、稀華ちゃんが見つかった居間について梯容疑者が「ドアをソファでふさぎ、開けられないようにして外出した」と供述していることが分かりました。梯容疑者は台所の包丁などを触らせないためだったと説明していますが、警視庁は稀華ちゃんの行動を制限する目的があったとみて調べています。」

うちに捨て猫が4匹の子を産みました。一生懸命に子育てしています。

我が子を放置し、愛人の男に会うため鹿児島まで行っていたとは、人間として有るまじきことです。

人間ではありません、動物でもありません、それ以下の生き物です。

 

第162話 石彫の幸せ時間(コロナウイルス騒動)で

CIMG4330 (3)CIMG4349 (2)

CIMG4327 (2)CIMG4308 (2)CIMG4315 (3)

今年3月頃からコロナウイルス騒動で行事や旅行の中止 時間がたっぷり出来ました。しばらく休んでいました石彫への 血が騒ぎだしました。今日までで11体完成しそれぞれの 希望者にお手渡しできました。安住の場所を得て作者冥利に尽きます。

CIMG4199 (2)CIMG4215 (2)CIMG4157 (2)CIMG4241 (2)CIMG4247 (2)CIMG4258 (2)CIMG4282 (2)CIMG4292 (2)

第161話(新型コロナウイルス戦争)を乗り越える知恵

今までの戦争中に必死になって研究されていたことが

新しい発明に展開したことを思い起こす時では

ないでしょうか。

例えば、今台所で活躍しています「電子レンジ」は

戦時中人を殺す電磁波として研究していたものです。

此の難関を憂うるのではなく、新しい研究の環境を

与えてくれたと、受け止め、もう始まっていますが

異業種の交流です、仕事がなく人手が余っている業種(ホテル、旅館等)

とこの時期に人手が足りない業種(農業、酪農、宅配等)

酒造会社が消毒用のアルコールを造る。

私の勤めていた電機メーカー シャープがマスクを生産しております。

儲けの為ではなく、世界中の難儀を解決するために協力するのは

当然です。がんばれシャープ!!!

第160話 コロナウイルス蔓延で「儲けようとする人,助けようとする人」

 

令和2年は、思わぬ事態で始まりました。コロナウイルスが突如現れて、

地球上で横暴極まりない人間に襲い掛かってきました。

世界を巻き込む大事件になりました。

この機会に必死で防戦する企業、暴利を貪りたい企業が現れました。

許せないのは、マスク、消毒液等、買い占めて困っている人に、高額の値段で売る企業です。

私が勤めていました、量販店は、災害の時、世間が困っている時には、無償か、

安い値段でものを提供しなさいと教わりました。地域の人らに支えられてはじめて

店の存在があるのです。

 

 

第159話・中村哲医師アフガンで銃殺される。

トップニュースで(アフガ二スタンで医師、社会事業者として活躍されていました「中村哲」氏が

何者かに銃殺されました。)と報道されました。

少しは存じあげていましたが、こんなにもご活躍の人で驚きました。

日本人で他国に骨を埋める覚悟で現地の人らと戦乱の国アフガンをこよなく愛し、志半ばで無謀な人らに殺されるとは、残念至極です。

 

 

IMG_1447 (2)

 

IMG_1448 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

感動しました一言が「医師として、病気を治すだけではこの国の人らを救う

ことにならない。三度のご飯が食べられて、この地に住んで、家族が生活できること。

これが私に与えられた仕事だと思います。」

 

私は住職で先代住職の遺志を継ぎ寺を守ることに、42年努力したつもりでしたが、やっと80歳にして

中村哲氏の志に恥じ入るばかりでした。

僧侶は釈尊、玄奘三蔵、弘法大師(空海)の意志を忘れていました。

寺から出て、人々を救うのが、本来の僧侶でありました。

 

第158話(イチロー選手の引退)に一抹の寂しさがある。

昨日東京ドームでの試合後、引退を表明しました。現役で45歳、プロ野球選手として

通算28年の間、日本(オリックス)、アメリカ(メジャーリーグ ではマリーナーズ、ヤンキース)

での活躍は素晴らしいものがありました。

新記録を次々樹立し、奢らず、淡々と試合に臨む姿勢は胸を打つ。

オリックス時代仰木監督が鈴木一朗ではインパクトがない鈴木姓の選手は沢山いる

「イチロー」で選手登録をした、これを機会に大飛躍することになった。

いい人に巡り合えたイチロー選手は幸せだったと思う。

プロ中のプロその姿勢はどの業界の人にも共通するものがある。

仏教界にもそれらしい人は居るが、そうでない人が目立つこの頃である。

思えば、僧侶の中でも正座できない、頭の髪の毛を剃るのは嫌だ、声が細った、物忘れする、人に会うのが億劫だ、

線香の煙のアレルギーがある、人と話すのが苦手だ、あなた坊さんのプロでしょう、このような兆候が一つでも出てくれば、

引退を考える時ではないでしょうか?歳は関係ないですよ。

 

第157話(どんどやき)

「どんどやき」の呼ばれ方

(五十音順)

 

「どんど焼き」とは小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。神事から始まったのではありましょうが、現在では宗教的意味あいは少なくなっています。

一般的には、田んぼや空き地に、長い竹(おんべ)や木、藁(わら)、茅(かや)、杉の葉などで作ったやぐらや小屋(どんどや)を組み、正月飾り、書き初めで飾り付けをしたのちそれを燃やし、残り火で、柳の木や細い竹にさした団子、あるいは餅を焼いて食べるという内容で1月15日前後に各地で行われます。

どんど焼きの火にあたったり、焼いた団子を食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えもあり、無病息災・五穀豊穣(むびょうそくさい・ごこくほうじょう)を祈る民間伝承行事です。

第156話(水子供養)

「水子供養」をお願いしたいのですが・・・・・・

と若い女性の人がお寺に来られました。

ご両親に結婚を反対され、子供を身籠ったのに中絶を

余儀なくされましたとのこと、御供養をした後、見る事も出来なかった

わが子に、「手紙を書きました、届けてください」

仏様の代わりに開封して読ませてもらいました。

母親の愛情がいっぱい溢れていました。

きっと仏さまもこのお母さんに次のいい子が授かり、皆に祝福されて

生まれてくれることを願いたいですね。 続きを読む »

1 / 1712345...10...最後 »