ぼんさんのひとりごと

第17話 親孝行も勇み足

■昭和34年の4月10日今の天皇陛下、当時の皇太子と美智子様のご成婚の日でした。
私が大阪の早川電機工業株式会社、(今のSHARP)に入社1年余まだ白黒テレビが10万円ぐらいする頃です。私の月給が7,400円でした。SHARPがはじめて60,000円のテレビを売り出しました。
社員販売で42,000円 にしてくれるので、3年月賦で思い切って両親に送りました。 続きを読む »

第16話 戦後間もない頃のこと

小学校3年生の頃でした。PTA会費を月30円納めなければならないのに、今日も忘れました。その次の日も忘れました。と先生に言い訳をして、先生に心配をかけ、君は物忘れしたことのない子なのにどうしてそんなことを言うのか不思議に思っていたらしい。  続きを読む »

第15話 家庭内宗教戦争

おじいちゃんが死にました。さあ大変!葬式をどうするかで親戚中が集まり揉めています。
おじいちゃんは天理教の熱心な信者でした。
おばあちゃんは、創価学会の信者です。
長男はご先祖が祭られている、近所の仏教(真言宗)の寺院の世話役をしています。
長男の奥さんはキリスト教を信奉しています。
次男は外交官でイスラム教の信者です。次男の奥さんはサウジアラビア人です。 続きを読む »

1 / 11