ぼんさんのひとりごと

第44話 策士

■何でも反対する人がいました。
この人を説得する為に何人もの人が毎日通いました。
でもやっぱりだめでした。
そこで村の長に相談に行きました。
「こうしたらええがな!とにかく反対したいのやから、してもらう事の反対のことをお願いにゆくのやなあ!
そうしたらこちらのしたいことがOKもらったのと同じやろ」

■何でも足して2で割る人がいました。
あるものを100万円で売りたいと思い交渉に行きました。
「高いなあ!80万円にしてくれや。」
「それでは損します、売れません。」
「それやったら足して180万円を2で割って90万円にしたらどうや。」

この人には次に100万円の品を120万円といって売り込みに行きました。
やっぱり「100万円にしたら買うで」
そこですかさず「きついなあ中を取って110万円にしますわ」
「ええやろ買うた」