ぼんさんのひとりごと

第153話(奇数のぞろ目を縁起良いとする中国)日本に伝わる。

1月1日(元旦)  3月3日(ひな祭り)  5月5日(端午の節句)こどもの日  7月7日(七夕まつり)

9月9日(重陽の日)    11月11日(独身の日)これは最近決めたようだ。日本では(介護の日)

日本では4,9、を嫌う、4は死を連想するから・・・・ 9は苦しみ、苦労を連想するから・・・

面白い話がある12月29日は餅をつかない。どうしてかと言えば、二重苦を思い起こすからと・・・

無着成恭和尚は12月29日に餅をついていました、村人が寄ってきて、和尚さん今日は餅ついたらいかん

と皆が口々に諫めようとしました、すると和尚曰く「今日が一番ええ日なんですよ、福がつくと数字が示してる。」

野球の選手の背番号いろいろ拘りますね。日本ではやはり4、9の人はいません、外国人の選手は42、44、49を

欲しがります。

自動車のナンバーも末尾は42(死に)、49(敷く、死苦)は欠番になっていました。

病院の病室番号も4は飛ばします。

ある葬儀社の電話番号が4242か4444だったりします。

四国霊場44番札所大宝寺は死、死ではなく四が重なっているので、幸せと言っています。

東南アジアでは一桁で一番大きい数字として尊びます。中国の重陽の日がそうです。

日本のお正月のようにお祝いをします。労働者は故郷に帰省します。

自動車のナンバーが希望する数字になりました、7777、8888、3333、1111、とかの

ナンバーを欲しがるのは、勝負師が多いようです。

日本で好かれる数字は8です。漢字の八が末広がりになっているからです。

ある和尚さんが自動車ナンバーを4949に希望したらすぐもらえたと喜んでいました。

以前から49は欠番にした数字です。なぜかと聞いてみました、アマチュア無線の資格があり

ハロー シイキュウ シイキュウと呼びかけるからと・・・・・・