ぼんさんのひとりごと

第143話 お坊さんカフェ開催

月心法事会館で6月16日(金)友引

お坊さんカフェが開催されました、近隣のお坊さん(僧侶)

各宗派よりお招きいただき、8名、一般の参加者20名、

それぞれのテーブルに分かれて円座になり、日ごろこんなこと

あんなこと、聞きたいなと思っていることを質問するのです。

コーヒーとケーキ、お茶を接待しながら、約2時間あっという間に

散会の時間になりました。

私のテーブルには70代のご婦人が4名、終戦直後の苦しかった

話など、仏事と関係のない、たわいない話に笑いあり、懐かしさあり、

結局老人の語り合いの場になりました。

それでもこういう会を企画してくれた、月心のスタッフの皆さんに

感謝の気持ちでいっぱいです。

第142話 臨床仏教師として 森脇宥海師活躍

平成29年6月8日付け・愛媛新聞に

「患者の思い静かに共有」県内初「臨床仏教師」森脇宥海さん(松山)

と大きく掲載報道されました。

森脇宥海師は松山市・真言宗の浄明院の副住職です。

住職の森脇宥暢師も立派な人ですが、副住職の宥海師は

若いのに今の寺院や、僧侶の在り方にいささかの

疑問を持っていました、私の知る若い僧侶の中でこの人は

有望な一人でした。

将来の仏教界を変革してくれる人材でありましょう。

臨床仏教師とは終末期医療などで心のケアに取り組む仕事です。

仏教の精神に基づき、人生の最終段階などにある人々の孤独や悲嘆、恐怖

を受け止め、心のケアを行う。

息子のような宥海さんと話していますと、不思議と安心するのです。

本来持っている、僧侶の血統でしょうか、今大師のような親しみと

引き込まれるような人間味が感ぜられ、今後の活躍を期待するとともに

陰ながら応援を惜しみません。

 

1 / 11