今週の黒板

平成29年2月20日

必要なものは必ず与えられる

不必要なものはどのように努力しても与えられないのです。

大切なものは、その事が私欲から発するものか公の立場から

発するものかを無私の状態で問う事が必要なのではないでしょうか。

 

平成29年2月13日

因果応報

ー播いた種は何時か芽を出すー

「因果は回る」とか「因果応報」と言うと暗く消極的に

とられがちですが、決してそうではありません。「善因善果」

「悪因悪果」は宇宙を貫く真理ですから、善き種は必ず

その時節の到来とともに芽を出すのです。種を播かないと

芽は出ません。また、種を播いても環境を整えなければ、だめです、

水をやり、肥料をやり、暖かい温度を保ってやらなければ、発芽しません。

芽が出ても、害虫、鳥害、風、雪、大雨、から守ってやらねばなりません。

花が咲き、実を結んだ時の喜びを、何世代後の、子孫が見ることになるかも・・・

 

平成29年2月7日

厄年の「厄」は飛躍の年の「躍」

病気をしたり、事故にあったり、人間関係でトラブルが

あると、その原因を自分自身に求めず「厄」年だからと

他に転嫁しようとするのです。

「災難に逢う時節には災難に逢うが宜しく候・・・・」

良寛和尚の言葉です。

1 / 11