今週の黒板

平成28年5月31日

「恥を言わねば理が聞こえぬ」

自分の恥となるようなことも洗いざらい話さないと、

やむをえないものだと理解してもらえないということ。

平成28年5月25日

第29回サラリーマン川柳コンクール10選

退職金 もらった瞬間 妻ドローン

「じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち」

「キミだけは オレのものだよ マイナンバー」

「娘来て(誰もいないの?)オレいるよ」

「福沢を 崩した途端 去る野口」

「カーナビよ 見放さないで 周辺で」

「決めるのは いつも現場に いない人」

「妻が見る(今日の料理)明日もでず」

「ラインより 心に響く 置手紙」

「愛犬も 家族の番付 知っている」

平成28年5月21日

親思ふ こころにまさる 親心 

けふの音ずれ 何ときくらん

虎二郎(吉田松陰)

平成28年5月12日

天に口なし人をもって言わしむ

人々の世評が真実を伝えることがあるということ。

天に口はないので、その意思は人の言葉を通して伝えられるということ。

平成28年5月9日

太鼓を打てば鉦が外れる

一つのことに集中するとほかのことが疎かになり、

同時に多くのことはできないということ。

平成28年5月3日

道を志すことによってもたらされる、

縁を道縁といいます。

道縁は時代を超え、民族を超えて相通ずるものです。

1 / 11