今週の黒板

平成27年11月24日

「老人は、一歩一歩、歩きながら味わうことのできる年なのである。

その意味ではだれもが芸術家である。老人になって俳句や和歌を

作り始める人が多いのは、そのせいなのである。

急ぐことはない。ゆっくりと遅いほどいい・・・・・・」

曽野綾子著(「戒老録」149頁)

 

 

平成27年11月17日

この世のすべてのものは、みな縁によって現われたものであるから、

もともとちがいはない。ちがいを見るのは、人びとの偏見である。

 

平成27年11月3日

光あるものは 光あるものを友とす

 

姿や形だけで仏を 求めてはならない

1 / 11